りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

ワタリ

国境などない鳥たちのように


あなたの垣根を飛び越えたい


島々が浮かぶ


透明なブルーの上を


何も考えず


何も追わず


スイスイと自由気ままに飛んでは


崖下の黒っぽい人影を


ちらりと見て引き返す


子どもの頃は飛べたのに


今は浮きもしないなんて


それは夢を忘れたからとか


人との繋がりが減ったからとか


嘆いてたって仕方ない


いろんな線を引いては


しがらみの中で


息苦しく生きていることに気づいたから


船でも飛行機でもなく


自分の羽で飛べるように


そっと背中を教えくれる誰かを


雲の向こうで探してる