りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

君が無力なら

君が無力なら


僕は君の背中をそっとさする


目に見えないけど


君には翼が生えている


ゆっくりここで休めば良い


陽だまりの中で


二人まどろんで


明日のことなんて考えない


今だけを感じる


足りないと嘆いていても


何も生まれないから


君は君が


翼を広げられる場所で


遠くの空を目指せば良い