りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

山道を抜けて

山道を抜けて


家路につく


あんなに暗い道を毎晩通る車もあるものだ


灯りがついているのは


人が生きているという証


過疎が暗闇を作っては


いつか日本の光は失われてしまうかもしれない


年寄りばかりじゃない


若い人たちが小さな閃きを生み出すだけて


ポツリポツリと灯りは灯る


一緒に灯そう


未来を明るく