りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

冒険の書

何故こんなにも私だけ道を外れてるのかと思う


いろんなところに行って


身も心もヘトヘトになってまた元の場所に戻った


やりたいことはキラキラと光っている


けど鉛のように重たいのは何故か


もっと同年代の仲間が欲しいな


休みの日に遊びに行くくらい親しい人


じゃないとやってられないよ


冒険は一人では完結できないから


どんな時も仲間が必要なんだ