りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

シャイなタトュー

タトューを入れた

 

話題性のためにひっそりと

 

そしたら誰からも話しかけられなくなった

 

その後すぐ消した

 

消しゴムでざっと消したような跡が残った

 

もともとタトューを入れるような人柄じゃなかった

 

家族全員目立つことは嫌いで

 

俺のしたことには気づいていたが誰も何も言わなかった

 

俺はこの残りカスみたいな跡を見るたびに

 

なんだか惨めだけど

 

プライドは守られたんだと

 

清々しい気分になった

 

俺は灰色の影をまとってても

 

このタトューは

 

それは俺が特別だからだってことを表してくれた

 

シャイなタトューはシャイな俺の世間に対する訴えで

 

Yシャツの下でそれは今日も光を放っている