りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

眠たい運転

眠たい


眠たい


そんな時の運転は危険


頭の中の空想が


手に握っているマシーンの恐ろしさに


気づかなくさせる


でも無事に到着した


車はないと不便だ


だけどなくても充実した生活を送れると思う


だからいつかすべての機械から離れたい


そしたらもっと自由に生きられるだろう