りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

生命

五感で動くと


直感が冴えてくる


何となく嫌な予感がするとき


本能を感じる


社会が作ったモラルとかルールとか


そんなことを言う前に


人はもっとたくましく生きれるのだ


感情がごみごみとしている中で


解決など到底できない


明日を憂えなくても


今日生きられたから御の字


花や緑や大地に感謝して


生命の鼓動を忘れずに