りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

決別

そんな小さく生きなくとも


世界はとてつもなく広い


そもそも最初からここは君の庭ではないし


自分の庭で何遊んでるんだと威張るんだったら


そんなところくれてやる


何に意地を張っているのか


少年はいつもイライラしている


だから自分よりも弱い人間をいたぶって


快楽を得ている


なんて醜い生き物なんだろう


どんな人とでも関わりあって助け合って生きていくことに


幸せを感じられないなんてかわいそうだ


少年よ


私は君が思うよりはるかに広い世界を知っている


君が将軍のように仲間を引き連れて


牛耳ろうとしている小さな世界で


自分は誰よりも優れていると誇示して


好きなだけ偉ぶれば良いじゃないか


私は君のことなんて思い出すことなく


みんなと手を取り合って幸せに暮らしていくよ