りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

企み

世の中間違ってると暴動を起こす

 

だけど捕まるのは自分だけで

 

主張する奴は馬鹿だと誇示される 

 

鼻に付くようなアーティストが歌う

 

平和の歌に若者が酔いしれても

 

世界は何一つ変わんないんだぜって

 

人混みの中で一人叫んでる

 

正しいことがなんでこんなに苦しいのか

 

痛みを分かち合うことが弱者の馴れ合いなのか

 

強さとは権力なのか

 

ゆとりとかさとりとか言われる前に

 

あいつらの顔を正義で塗りつぶしてやりたい