りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

ある男の成長

高校三年生


最後の試合


試合に負けることは鼻から分かっていたが


僕は最後の最後


人生で一番集中して


シュートを決めた


だけどそのボールは


あっけなくゴール手前で落ちていった


僕はその日から


大小関わらず何か不幸が起こる前触れに


この映像が頭の中で流れるようになった


彼女が妊娠したと聞いた時


僕は胸が高鳴ったと同時に


これから身に起こる全て


つまりは


まずは相手側の両親に挨拶に行き


場合によれば


男としてのふしだらな点を


これでもかと罵られるのではないかという不安が


新しい生命の誕生の感動よりも優っていた


まあひとまずは挨拶は無事終わった


相手の家族はとても温和な人たちで


緊張で何を喋ってるのか


自分もよく分かっていない僕を


温かい眼差しで見守り


そしたら早く籍を入れて


子どもが生まれて落ち着いたら


式を挙げたら良いんじゃないと


結婚の許しを乞いにきた僕に


最初から二人のことを祝福していたように


これからの未来について


大変だけど応援するからと労ってくれた


どちらかというと僕の親の方が


自分の息子だからと気遣いもなく


そんなデキ婚だなんてふしだらな


という感じで接してきたので


今後この人達とは


積極的に関わりたくないと


思った次第だった


彼女と僕は挨拶を済ませたらすぐさま籍を入れて


少し広めのアパートを借りて


これから生まれてくる我が子の為


薄給ながら揃えた


ベビーグッズを並べ


僕は大きくなるお腹に毎日耳を傾け


子どもの誕生を待ち望んでいた


だけど


まだ8ヶ月に満たない頃


僕は夢で


あの忌々しいバスケットゴールのシーンを見てしまった


そしていつもボールはゴール手前で落ちてしまう


その次の日


今まで皆勤賞だった会社を休むほど


寒気に襲われ


なんだかずっと具合が悪かった


それからは


妻が出かけるたびにしつこく


気をつけろと脅すものだから


妻が血走った僕の目を見て


この人おかしくなってしまったのかしらと


精神科の先生に


夫の奇行についてたびたび相談しにいくほど


裏では相当心配していた


だけど


梅雨に入る前の6月


僕たちの子どもは元気な産声をあげた


僕はこの数ヶ月間


全く寝れず


かといって仕事には行っていたので


我が子を腕に抱いた瞬間


膝から崩れ落ちて


気づいたら病院のベットで眠っていた


仲間内からは


初めての子どもだからって


そんなに舞い上がるものかなんて笑われたけれど


自分の子を守りたいと思わない親がいるものかと


普段めったに怒らない僕が怒鳴り散らしたので


僕は大事な友人を数名失ってしまったほど


その頃は完全に自分を見失っていた


だけど子どもが大きくなり


自我が芽生えていくにつれ


バスケットゴールの映像は遠のき


ああ


単なる思い過ごしだったんだなと


若くうぶだった僕の可愛らしさとも憎さとも


とれないその感情を


過去において


僕と息子はともに成長した


そんな話を


よくサシで飲みにいくようになった後輩に話すと


息子さんがバスケットをしたいって言いだしたら


どうするんですかと聞かれたので


僕は


息子が言うんだったらバスケだってなんだってさせてやると


豪語していたんだけど


心の中では


絶対バスケなんてやらさないと固く決めていた














迷わない

私は迷わない


決断だけする


答えは分かっている


心理的な騙し合いは通じない


みんな迷ってると言うけれど


答えは決まっている


迷いという焦らしを見せて


私に注目してと見えない空気で伝える


そしてそんな風に曲がって生きてきた私は


ある決断をしたの


もうそうやって


鳩に餌撒くみたいに


周りの人を


迷っているふりして巻き込んだりしない

明日

明日何かが起こるかもしれないと


奇跡を待ち望んでは


いつ来るのって待ちくたびれている


人の幸せが羨ましすぎて


近所のガキにブスブス言われて


心がぽきっと折れてしまいそう


お店に並ぶショーケースの


一番安い飾り気のないケーキを選んで


お家で1人で食べても何も満たされないの


それは明日が来ないから


明日ってなんなの


そうやって不安に全身浸かっては


呼吸するのが苦しくなって


あぶくみたいに意思も消え消えになる


誰か私を助けて


笑ってないで助けてと


何度も繰り返して


泣きながら夜を越す


明日は来るのか


明日は来るのか


明日が来ないと


私は前に進めない

ブス

ブスは言葉の暴力だ


相手を貶めるためだけの


自分が勝ち誇るためだけの


最低最悪な言葉だ


苦しめて苦しめて


相手が弱る姿を見て笑う


仲間と一緒くたになって


あいつキモいとか


あいつブスとか


はたまた死ねとか


自分の弱さに向き合えない人が


歯向かってこない相手に


言葉の暴力を繰り返す


だから私は


何度もお願いするのだ


もう苦しみはたくさんだ


自分にも悪いところがあった


充分反省してるって


だけど


何か変わったのか


何か静まったのか


帰りたくない


帰りたくない


帰りたくない


コインランドリーにて

コインランドリーにて


人々が行き交う


生活が交わる場所


平日の午前中


いろんな家庭を持つ人がやってくる


冬は洗濯物がなかなか乾かないから


乾燥機だけがいっぱいだ


私も靴を洗いながら


二足洗えるなら


今履いてるもう一足も洗いたかったなと


ちょっと後悔しつつ


何事も綺麗になるのは嬉しい


心を洗おう


ゴシゴシと


もっと綺麗な心で生きていきたい

セカオワ

セカオワが好き


いくつになってもファンタジーで生きていたいし


どん底から夢をつかんだFukaseさんに憧れる


私も仲間ができたらもっと強くなるのにな


書きたい言葉も


描きたい夢も


たくさんあるのに


1,2人に見てもらえるくらいで


私が発したことが誰かの


心を動かしてることがあるんだろうか


ただ


私は死ぬまで夢を見続ける


そしたら終わることはないから