りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

明日

明日何かが起こるかもしれないと


奇跡を待ち望んでは


いつ来るのって待ちくたびれている


人の幸せが羨ましすぎて


近所のガキにブスブス言われて


心がぽきっと折れてしまいそう


お店に並ぶショーケースの


一番安い飾り気のないケーキを選んで


お家で1人で食べても何も満たされないの


それは明日が来ないから


明日ってなんなの


そうやって不安に全身浸かっては


呼吸するのが苦しくなって


あぶくみたいに意思も消え消えになる


誰か私を助けて


笑ってないで助けてと


何度も繰り返して


泣きながら夜を越す


明日は来るのか


明日は来るのか


明日が来ないと


私は前に進めない

ブス

ブスは言葉の暴力だ


相手を貶めるためだけの


自分が勝ち誇るためだけの


最低最悪な言葉だ


苦しめて苦しめて


相手が弱る姿を見て笑う


仲間と一緒くたになって


あいつキモいとか


あいつブスとか


はたまた死ねとか


自分の弱さに向き合えない人が


歯向かってこない相手に


言葉の暴力を繰り返す


だから私は


何度もお願いするのだ


もう苦しみはたくさんだ


自分にも悪いところがあった


充分反省してるって


だけど


何か変わったのか


何か静まったのか


帰りたくない


帰りたくない


帰りたくない


コインランドリーにて

コインランドリーにて


人々が行き交う


生活が交わる場所


平日の午前中


いろんな家庭を持つ人がやってくる


冬は洗濯物がなかなか乾かないから


乾燥機だけがいっぱいだ


私も靴を洗いながら


二足洗えるなら


今履いてるもう一足も洗いたかったなと


ちょっと後悔しつつ


何事も綺麗になるのは嬉しい


心を洗おう


ゴシゴシと


もっと綺麗な心で生きていきたい

セカオワ

セカオワが好き


いくつになってもファンタジーで生きていたいし


どん底から夢をつかんだFukaseさんに憧れる


私も仲間ができたらもっと強くなるのにな


書きたい言葉も


描きたい夢も


たくさんあるのに


1,2人に見てもらえるくらいで


私が発したことが誰かの


心を動かしてることがあるんだろうか


ただ


私は死ぬまで夢を見続ける


そしたら終わることはないから


幸せ

相手の幸せを考えたら


自分の体をきつく縛ってたゴムが弾けた


どんなに酷いことを言われようが


床に叩きつけられて


ゴミ扱いされようが


相手の幸せを願う


正しいとか間違いとかは抜きに


相手の幸せを願う


みんなが幸せな世界になったら


なんて幸せなんだろう


反発は反発しか生まない


喧嘩に勝ってもそこに誰の笑顔はない


だったら願おう


隣の人の幸せを願う心が


きっと自分に返ってくる








行き止まりだと思ってたけど


ドアがあった


というかドアが出てきた


その扉を開けると


白っぽくて明るくて


どこか懐かしい匂いがする世界だった


そこにあったのは死じゃなくて


生暖かい生だった


生きるとは容易くないと人は言うけれど


それは悪い一点を見てるだけで


幸せはそこらじゅうに転がってるんだ


偉い人の考えた常識より


あなたが感じた非常識の方が大事


奇跡なんていつでも起こせる


自分はいつだって大変身する


惑わさなくても


紛れなくても


あなたはあなたで良いと


その世界は教えてくれた