りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

死というものは


身近にあってないものだ


明日も明後日ものうのうと私は生きる


大病もせず


100円のパンに喜んだと思ったら


周りのくだらない悪口に辟易し


才能で食っている人々が心底羨ましくて


明日はスターになれるかも


なんて夢見ながら寝床に入る


コンビニのおにぎりに入った毒のような薬


まがい物の美人より


不恰好な優しさが良い


世の中捨てたもんじゃないよと


誰かが言えば


どこからか銃声が鳴り響くかもしれない


それは地球が新しい星になる合図で


その星の核にいるのは


モラルのない世界に


死んでいく苦労人なのかもしれない