りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

もしも目の前に釣り糸が

もしも目の前に釣り糸が垂れてきて


そこに自分が心の底から欲しかったものがぶら下がっていたら?


もし私が思いのままにそれを掴むと


案の定


針が手に食い込んで抜けなくなって


そのまま釣り糸を垂らしていた主人の獲物になる


要は自分で覚悟して得るしか道はないのかと思った次第である


針金は刺さったら痛いし


でも餌は欲しいからと口を開いて


そのあとどうすることもできずに吊り上げられる瞬間


魚は絶望の淵にいるのだろうか


冷たいナイフが体に入れられた時に


真っ暗な暗闇に包まれて


今までの人生に涙するのだろうか


と言いながら


焼き魚にありつく