りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

世界が一つだと寂しい

 

銀河の中でひとりぼっちのお星様

 

周りの惑星はたくさんの生き物を抱えていて賑やかそうだ

 

地球には絶対なりたくないけど

 

僕だって誰かに住んでほしい

 

そう願っていると

 

あるとき一人の可愛らしい子どもがやって来た

 

宇宙の中で移動できるなんて

 

とても位の高い人なんだろうと思ったけど

 

僕は勇気を出して話しかけた

 

子どもだからちょっと優しげに

 

そしたらその子は幸せそうにほころんで

 

僕の中にそっと言葉を残した

 

あなたがいるだけで他の惑星に住む人々が

 

たとえ手に届かなくても

 

その輝きに勇気をもらっていることを知ってほしいと

 

僕は宇宙に一人だと思っていたけど

 

そんなことはなかったんだね

 

僕はいつもより輝きを増して

 

今夜は君の目に映ったかもしれない