りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

優しい景色の中に君がいなくて絶望感を感じる

本を一冊書きたい


一人称の


それはそれは女々しい男の話


未来は薄暗くて


幸せだった過去の出来事ばかりを思い出している


これからどうすべきかなんて考えに


発展することもなく


彼は君のことばかり


想い焦がれては


幸せな憂鬱を噛み締めてる


そんな憂げな表情が


母性本能をくすぐるのか


彼に好意を持ってくれる女性も現れる


しかし彼は


この世界にもう君以上の存在はいないのだと


新しい恋を受け入れることができない


最後に彼は自らの命を断とうとする


誰も知らない土地で


最後の晩餐だと


何気なく入った店に


運命の人が待っていた


そうしてこの本は


彼のその後を追うことなく


あっさりと幕を閉じるのだ