りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

鍋の吹きこぼれみたいに

鍋の吹きこぼれみたいに


一度吐き出した感情は元に戻らない


ここから離れたいという気持ちが


怒り狂うように出てくる


悩んでなんかいられないくらい


この憤りは大きくて


苦しい心の中に


そっとあなたの光を見つける


どんな場所にだって行って良いんだよ


あなたの居場所はきっと見つかるよ


重かった扉は


自分の心が折れそうだっただけで


簡単に開けることができるんだ