りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

20代後半

自分へのご褒美にエステに行った

 

うつ伏せになりながら

 

帰ったら誰も見ないブログの更新をしなきゃと

 

さっきまで考えていたことも忘れて

 

後ろで小さく流れるバックミュージックに

 

体はただの箱なんだなって思う

 

月曜から金曜まで私たちは何のために働いてるのかな

 

きっと社会の仕組みがそうなってるから

 

大概の人はそれに沿うようにしか生きられない

 

だからその歪みに痛んだ魂を

 

ほぐしてなだめて

 

日々をつないでいくようにプログラムされているんだろうな

 

希望はきっと手の届くところにある

 

だけど社会が目隠しをして

 

ただ薄ぼんやりとしか見えない私の宇宙に

 

どこにつぶやいたらいいのか分からない不満を

 

このマッサージで全部排出して

 

私はただの丸い魂になりたい