りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

トタン屋根の家

あの山裾にある

 

トタン屋根の家には

 

初老の男性が一人住んでいる

 

男性は妻に先立たれ

 

子どもは皆家庭を持って出て行ったらしい

 

トタン屋根は錆ついていて

 

ホームレスか何か住み着いているんじゃないかと

 

誰も寄り付こうとはしなかった

 

男性は毎日畑に出て

 

それなりに生活を楽しんでいたように思うが

 

私が次にそこに訪れた時には

 

家は綺麗さっぱり無くなっていた

 

私は初めてその家が建っていた場所に赴き

 

今度はおじいさんの立場になって

 

過去の自分と対峙してみた

 

ズタズタに汚された学生服を着て

 

うつらうつらと歩く少年に

 

辛いのは今だけだから

 

どうか生きてくれと

 

届かない言葉を送る

 

もうここにトタン屋根の家はないが

 

私の記憶の中には

 

いつまでもあの家が生き続けている