りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

雨の中で

雨の中で歌をうたう

静まり返った街を抜け

山の緑が美しく輝く

植物たちは久しぶりの水浴びが嬉しくて

子供のようにはしゃいでいる子もいる

雨は忘れた心を思い出させてくれる

温もりのある部屋

私の書斎から眺める景色が

水彩画のように世界を曖昧に落とし込める

ずっとこのままでいて欲しいようで

でもまた太陽が恋しくなる