りーふりーふのふりーふりーぶろぐ

じゆうじんによるじゆうをもとめるたび

さむっ

きゅうにさむくなりました

 

おもえばながらくわたしのともだちかんけいは

 

ふゆのじだいをすごしてきたきがする

 

それはわたしのひとへのしんらいぶそくでもあるんだけど

 

しんぺんがおちついて

 

そこでなかまをふやして

 

じまんしたいことがたっぷりたまって

 

ゔぃじゅあるにじしんがついたら

 

むかしのともだちにひさしぶりにあいたいな